毎日試考錯誤

広告代理店のマーケティングプランナー。仕事とかカルチャーとかいろいろ。

DODAの月曜木曜の新着情報がおもしろい

いま、転職をする気持ちは全くと言っていいほどないのだけど、それでも、毎週月曜木曜のDODAの新着情報は楽しみにしている。「どんな企業がどんな職種をどんなスキルで欲しているか。」がバクっとつかめるからだ。

マーケターのスキル要件

一応、マーケターとしてマーケティング・企画職を中心に確認しているのだけど、いま(5/16時点)だとサントリーのブランドマネージャー職がとっても特徴的に思えた。必須条件として「デザイン工学・デザインシンキングの専攻あるいは経験」がある。これ、誰が応募できるのだろう?IDEOみたいなデザインコンサルやCONCENTみたいな会社なのか。はたまた人間中心設計をお勉強するようなWeb企業なのか。あとは代理店のデジタル・CD部門あたり。もちろん事業会社のマーケも対象かとは思うけど必須条件に当てはまるのかが不明。(いずれにしろ、ユーザーオリエンテッドな思考でブランドを創りましょう。という姿勢がスキルセットにも落ちていてすごく良いなぁ。と思う。)

デザインシンキングのスキルをつちかうには

で、どうすればこれからのトレーニングでデザインシンキングのスキルセット・経験を体得するかを考えてみたい。まず学術的なアプローチ。具体的には産業技術大学院大学の「人間中心デザイン」を受けることなのかな。この講座は募集開始日には満杯になるぐらいかつ長期スパンなので中々難しいかもしれない。あと、受けたところで履歴書的な”はく”がつくのかはよくわからん。もちろんためにはなりそうだけど。はてなブロガーの受講記事をいくつか読む限りとても楽しそう&実務的そうだし。他の学術的なアプローチは企業主体のWSとかに出るくらいしか浮かばない。で、仕事的なアプローチ=今からできることとしては普段の業務にデザインシンキングを自分なりに取り入れるってことなんだと思う。例えば今までやってきた業務を抽象化してデザインシンキングっぽく仕立て直して試みてみるとか。例えば普段の調査をエスノグラフィ的な観点を取り入れてみるとか。あとはカスタマージャーニーを描くプロセスをもっと精緻化するとか。(←現状、ファクトに基づかない仮説を積み重ねたカスタマージャーニーしか描いていない。)これが現在の所掌範囲で動ける感じ。

 

色々書いてみたけど、たぶん、デザインシンキングがやりたい。あるいは事業会社のマーケに入りたい。ではなくて、サントリーに入ってみたい。もっといえば”事業会社のブラマネ”っていう仕事をしてみたい。が目的になっている気がプンプン匂ってきたのできっとマイルストン化してもアクションしないと思うので今日はここらへんで筆を置きます。