毎日試考錯誤

広告代理店のマーケティングプランナー。仕事とかカルチャーとかいろいろ。

『FF14光のお父さん』がとってもおもしろい

はてブのTOPにいつも出てくる『FF14 光のお父さん』。なんでいつも出てくるのかと思っていたら今更ながらNetflixがスポンサードしてたんですね。で、1話から観られるのを知り、毎日チビチビ消化中。現在3話視聴完了。(本当は通勤電車でガシガシ観進めたいけど嫁と一緒に観ているため進行は遅め。でもこのぐらいのスピード感じゃないとすぐに追いついてしまうのでOK。)

3話までの感想

これ、とても面白いのです。

ゲームパートの完成度がすごい

リアルパートとゲームパートをシンクロさせていく新しい構成なのだけど、注目すべきはゲームパートの完成度。(僕はFF14含めMMORPGをやらないのだけど)それでもゲームパートの構成・編集・ディティールに対するこだわりっぷりが毎回引き込まれクスっとしている。ゲームあるあるを織り交ぜつつ、「こんなに今時のMMOは進んでるんだ。」と感嘆しています。

キャストも最高

もちろん、リアルパートを構成しているキャストも個人的に今クールドラマの最高点。きっと僕と同世代のアラサー男子は刺さる確率かなり高いと思います。まず、主役の千葉雄大くん。CHOKi CHOKi世代(といっても僕は奈良→馬場世代がドンピシャだけど)としてなぜか勝手に応援しているので彼が主役なだけで嬉しかったりする。脇を固めるキャストもすごく良くて、馬場ふみかちゃんは我が故郷、新潟の誇りだと勝手に思っているんですが、モグラ女子とかそんな一括りで語るレベルではないかわいさを誇っていると思う。アラサー男子からすると職場に入ってくる新人社員の超理想形。絶対に声掛けするのは緊張しちゃいそうだけど。石野真子さまは『ボク、運命の人です。』と同様、主人公の母親役を演じており、想像通りのクオリティ。完璧である。(なお、『ボク、運命の人です。』第6話はもう3回観ました。アラサー男子は全員泣いたでしょう。告白シーン。木村文乃ちゃんと亀ちゃんのやり取りは呼吸困難不可避なレベルの息遣いでした。ED『背中越しのチャンス』の最後の締めはニヤリが止まらなかった。)

そんなキャストで毎回ニヤニヤしっぱなしになりながらのエンディング曲もこれまた良い。SIRENT SIREN『AKANE』。僕がサイサイ好きなだけなんですけど気持ちよく終われます。(『AKANE』のMVも実はグッとくる。大杉連さん出演なんだけどいつもの通りすぅちゃんもかわいい。)

 

以上、端から端まで楽しめる出来だと思います。Netflix契約されている方、おすすめです。