毎日試考錯誤

広告代理店のマーケティングプランナー。仕事とかカルチャーとかいろいろ。

ビットコイン(アルトコイン)を始めるにあたって考えてみました

ビットコイン(アルトコイン)を今更ながら少し勉強しました。大多数と同じく、5/22のWBSを観て感化されまして。(誰もが言うことですが、今年の1月時点で「口座作るの面倒だからいいや。胡散臭いし。」と放置した自分を猛省中。。。)

初心者なりに調べると、投資を始めるにあたって検討する因数は大きく2つ。「仮想通貨の種類とメジャーな仮想通貨が何かを把握すること」。それから「運用する仮想通貨を取引するならどこで取引するのがベストであるか」。の2つです。

僕自身もまだ詳しくないので特徴をしっかり書けなくて恥ずかしいところはありますが自分用メモとしてまとめてみました。

 

仮想通貨の種類

僕の生活圏内では1月時点では『ビットコイン』しかメジャーな仮想通貨はなかったですが、4月から、他の仮想通貨(アルトコイン)がバブリーな状況に。このバブリーの初動を逃したのが反省点。パッと見、ネット上で名前が挙がっている比較的メジャーな仮想通貨は以下4つくらいでしょうか。

bitcoinビットコイン/BTC)

これが一番メジャー。検索してみると2014年のマウントゴックス騒動など、ポジティブではない情報も散見されますね。但し、いまは272,820BTC/JPY。GW前に仕込んでいれば2倍増だったみたいです。(リスクが高い仮想通貨の中では)これが一番堅調(そう)に見えます。

Ethereum(イーサリウム/ETH)

直近数日はちょっと成長は鈍化ぎみなもののTOYOTAとかもコンソーシアム参加でこちらも堅調に伸びそうでしょうか。なお、今年だけで24倍の伸び率。すさまじい。

XEM(ネム/XEM)

4月-5月の伸びシロが半端じゃない。あと、積立投資を「Zaif」で出来るのがいいなぁ。と。(Zaif運営企業の社長インタビュー@ZDnetは分かりやすく、好感がもてました。)

リップルXRP(リップル/XRP)

現時点でこれが一番パーティ状態ですね。4月から見てもすでにテンバガー案件。経緯としては3月に三菱東京銀行がコンソーシアム参加を決めてからバカ上げの様です。いつまで続くのか。

 

なんとなく、今から(無くなってもあきらめがつく金額の範囲で)参入するならXEMかXRPかなぁとボンヤリは思っています。正直、バックのテクノロジーはよくわからないので雰囲気投資なので一番お祭りっぽいやつを選んでいます。あるいは、口座だけ作って、次の調整タイミングから参入するのが筋な気もしてます。なお、中長期的な目線ならbitcoinを軸に分散投資とかなのでしょうかね。

 

仮想通貨取引所

こちらもいくつかあるみたいですがどの紹介ブログを見てもアフィリエイト臭がプンプンしていて読む気が失せますね・・・。アフィブログしている人は入れ食い状態かもしれません。どうやら有名所は3つくらいな模様です。僕はbitflyerとZaifを登録しました。なお、登録はガイダンスに沿うだけなので直感的に可能。取引意欲があるならとりあえず登録は済ませておいた方が吉。

bitflyer

一番有名所。かつ、大企業がスポンサードしている安心感(笑)からBTCを取引するのならココかと思いました。一応、登録してみました。

Zaif

XEMに力を入れている取引所。積立投資が日本的でいいですね。ここで取引していこうかと思っています。

coin check

一番多くの仮想通貨を取り扱っている模様ですが、手数料が高い。とか”The ベンチャー”っぽいコメントが(僕が調べている限りだと)散見されているので登録はやめました。

 

以上、まとめてみて、自分としてはちょっとぐらいは概観は掴めてきた気がします。みなさんの仮想通貨取引の第一歩としても参考になれば嬉しいです。